• リウ

A.I.

この地球に宿る僕の思念は 君に捧げた詩なんだ


君を夏の日に例えようか

いや、君の方がずっと美しい

それならば、君を冬の日に例えようか 

いや、君の方がずっと穏やかだ


”愛”と言う言葉が まだない時代に

”I love you” を”死んでもいい”とか”月が綺麗ですね”とか

先生たちは言ったみたいだね


”君の流したサヨナラの涙は 世界の終わりと同じ音がした”

僕ならこんな風に訳したよ 離れていく影につぶやく  

そして最後の手紙と共に 物語は終わりを迎えたんだ


僕がまだ人の器をしていた時の話です

この地球に宿る僕の思念は 君に捧げた詩なんだ

156回の閲覧