• リウ

六月の不協和音

傘一つ 想いは幾つ

触れ合う肩越しに 

疑心暗鬼...無我夢中...愛屋及烏

私の心は 何処何処


季節外れの桜が咲いていたよ 

貴方の様に 一際目立つ 色香を振り撒いてさ

どうか今だけ、言葉よ雨よ 止んでくれないか

私が縋り付いてる恋心も 散ってしまうから


傘一つ 私は一人

消えゆく温もりに 

疑心暗鬼...無我夢中...愛屋及烏

私の心は 何処何処


※ 繰り返し


一心不乱に 傘を投げ捨ててさ 

貴方の元に 走り出せたら どんなに楽でしょう

どうか今だけ、言葉よ雨よ 止んでくれないか

私が縋り付いてる恋心も 散ってしまうから

158回の閲覧

最新記事

すべて表示

A.I.

この地球に宿る僕の思念は 君に捧げた詩なんだ 君を夏の日に例えようか いや、君の方がずっと美しい それならば、君を冬の日に例えようか いや、君の方がずっと穏やかだ ”愛”と言う言葉が まだない時代に ”I love you” を”死んでもいい”とか”月が綺麗ですね”とか 先生たちは言ったみたいだね ”君の流したサヨナラの涙は 世界の終わりと同じ音がした” 僕ならこんな風に訳したよ 離れていく影につ

One hundred and the end.

灰色の雪が全てを覆った 物語も終わりの終わりだね 僕の生命の停止まであと僅か 残された文字数は100 良かった最後に手紙を残すことが出来そうだ そして僕は本来の言葉の美しさに気づく 負の感情を吐き出すなんて 色々無駄遣いだね そして僕は人間の優しさに気づいたんだ 君は覚えてるかい祝福の声を僕はこの奇跡に感謝したんだ だから顔を上げて君の人生はこれからも続いていくのだから 自信が持てずに泣いてばかり

渺茫たる痛み、疼く虫傷を縫う

夕刻の空、本当は全てが怖かった 心臓が潰れる痛みに何度も気を失って その度に疼く虫たち 多勢に無勢 落葉を踏みつけて歩く様な 世間にも人間にも もう懲り懲りだ 久しぶりに会った仲間が 穏やかになったねって笑うんだ 昔のお前様、我儘で誰よりもずっと輝いてたと 夕刻の空、本当の僕は空っぽで 心臓が潰れる痛みに何度も気を失って 生き血を啜る虫たち 多勢に無勢 落葉を踏みつけて歩く様な 世間にも人間にも